ふつうをめざして生きていく

適応障害の専業主婦日記

心を癒す

適応障害療養記録12 (療養3ヶ月頃)

療養生活3ヶ月を過ぎた頃の生活のリズムについて。 夜は眠り、日中は起きている生活が基本的にはできているが、外出する用事があるとものすごく疲れてしまう。 ただ、健康のためと痩せるために、朝と午後にストレッチと有酸素運動をyoutubeを見ながら30分ず…

ピクミンブルームをやってみる

ピクミンブルーム、始めてみた。 やってみようと思えるということは、 それだけ回復してきているのだろう。 1人ではなくて、ピクミンたちと歩いていることを想像しながら楽しく取り組んでみる。

「生きる意味」がなく、死にたいほど絶望していた私が気づいたひとつのこと

「生きる意味」「生きる目的」を私に気づかせてくれた人の話。 最近ハマっているyoutuberのスカイロードさん(現在は1人で活動しているが、本来はグループらしい)。 超超面白い、障害者です。 「体調の良い日は作業所に行くより自分の好きなことをやりたい」 …

「ふつう」に働いて外に出ていたときよりも、出会いが多くなっている

私は友達が少ない。片手で足りてしまう。 でも全然寂しくないその理由。 働いていたときも職場に友達だと言える人はいなくて、アウェー感があったけれど、 人と関わることをなくしてしまったらおしまいかな、となんとなく思っていて、 そのことも、仕事を我…

尾てい骨、膝、かかとの痛みが自力で治った!

長いこと原因不明だった尾てい骨、膝、かかとの痛みを、どのようにして自分の力で治せたか、という話。 私は腰痛と肩こりに10代の頃から悩まされていた。 それと、なぜか右のかかとも軽く揉むだけで飛び上がるほどの痛みがあった。 さらに直近までやっていた…

鬱病や適応障害に対して理解がない人の心の中

最近、またひとつの気づきがあった。 私はこれまでずっと、鬱病や適応障害を甘えだと、本気で思っていた。 しんどい状態の自分に対しても思っていたし、 具合が悪くて予定をドタキャンしたり、仕事を突然休んだりする人を、 「気が乗らないことから簡単に逃…

適応障害療養記録⑦ (療養生活1ヶ月経過。癒し動画との出会い)

1ヶ月も休職していると、目覚めが気持ちよくなってくる。 少し前からyoutubeを観る元気も出てきた。 で、適応障害やうつ病に関する動画を探した。 気分が下がったとき、電話相談ジプシー(※私の造語)にならないために。 ふつうの人の心の整え方を知りたくて。…