ふつうをめざして生きていく

適応障害の専業主婦日記

私の育毛プロジェクト① (シャンプー編)

私は脂性だ。

小学校高学年頃から顔はニキビだらけ、潰れて痘痕になったし、治ってもしばらくは赤黒く痕が残った。

脂性は顔だけでなく頭皮にも及んだ。毎日シャンプーしても昼にはベタついてしまう。ニオイもしてくる。良い香りのシャンプーや、ヘアフレグランスの類を使っても、地肌のニオイと混ざってすごいことになってしまう。

皮脂の過剰分泌は、薄毛の原因の一つになると言われている。

 

大学生になると、オイリー肌用のシャンプーがあることを知った。

ドラッグストアで買える男性用のものから、化粧品ブランドのものやサロン専売のお高い製品まで様々試してみた。

どれも頭皮はスッキリ洗いあがり、一日ベタつくこともなく快適だった。

だが、どの製品も、しばらく使っていると頭皮も負けじと皮脂分泌を促してしまうようで、結局何を使っても同じになってしまった。

 

調べてみると、シャンプーこそが却ってオイリー肌を助長する、という意見もあった。湯シャンすれば頭皮は過剰な脂を分泌しなくなるとのこと。

そこで湯シャンにもトライした。

 

ところが。だめ。耐えられない。お湯洗いだけで頭皮の汚れの8割が落ちるだなんて、ウソじゃないか。

洗ったばかりでもう臭い。ドライヤーで乾かすとき、嫌なニオイがあたりに漂う。

効果が出るまで数ヶ月とも言われるけれど、もういい。数ヶ月のうちに、多くの人から嫌われてしまう。

 

それからしばらくは、頭皮脂のことは諦めて、髪質を整えるシャンプーを渡り歩いた。

E STANDARD(イイスタンダード)というブランドのシャンプーが、香りが素晴らしくて地肌にも優しく、私の頭皮の匂いも消してくれた。

 

さらに年に何回か、美容院でヘッドスパをしてもらうことで、毛穴の奥底から汚れが取れていい感じになった。

 

ただ、毎年夏は悩みの季節だった。朝シャンしたり頭から汗をかいたらすぐ拭くとか、涙ぐましい努力を続けた。

 

そして、今から約1年前。素晴らしい出会いがあった。

サボンのヘッドスクラブ

過去最高に頭皮がスッキリ洗い上がった。週に2日くらいしか使えないが、十分効果が持続した。そして、頭のニオイも気にならなくなった。洗い上がりがきしむので、トリートメントで仕上げれば、翌朝はスッキリ、ふんわりと髪が立ち上がる。頭皮の毛穴がちゃんと呼吸をしているかのよう。

週2回までという使い方をしている限りは、皮脂の過剰分泌を促すことには今のところなっていない。

さらに良いことに、抜け毛も減った。大感激。

 

脂性対策は解決した。

 

だがしかし、新たな難問が。

この後、大きなストレスがやってくるのだった。