ふつうをめざして生きていく

適応障害の専業主婦日記

私の就活史② (平成初期の失業手当)

今回は私の若いときの話。

 

新卒で就職し、たったの半年で退職。

ただ、平成初期の当時は6ヶ月でも正規職員で働けば、失業手当を申請できた。

いくらかの待機期間の後、たしか3ヶ月くらいの間、合計45 万円ほどが支給された。

 

しかも、ハローワークを利用して就職活動ができる。

お金がもらえて、就職情報が得られて、相談にものってもらえる。

 

まあこれも、そんなうまいことはいかなかった。

新卒での就活で苦戦し、何も身につかないまま、たったの半年で仕事を辞めた者に来てほしい会社など滅多にない。

 

相談コーナーで、一応の職歴と、資格らしきものを提示してみる。

資格といっても、英検2級と秘書検定2級、フランス語4級。

相談員が微妙な表情をして何か言った。

言われなくても自分が一番わかっていることを。

 

私は事務職を希望したが、とうとう採用されそうなところは見つからなかった。

バブルが崩壊してからは、なんと新卒の就活でもハロワを利用する人が増えてきたという。そして当然、条件がましなところは新卒から決まっていく。

 

ハロワでも就職からあぶれてしまった。

巷では、新卒でさえ就職にありつけない。

 

失業手当をもらえなくなってからは、アルバイトを転々とすることになった。