ふつうをめざして生きていく

適応障害の専業主婦日記

「生きる意味」がなく、死にたいほど絶望していた私が気づいたひとつのこと

「生きる意味」「生きる目的」を私に気づかせてくれた人の話。

 

 

最近ハマっているyoutuberのスカイロードさん(現在は1人で活動しているが、本来はグループらしい)

 

超超面白い、障害者です。

体調の良い日は作業所に行くより自分の好きなことをやりたい

とか、

トラブルで警察が介入してきた話では、

「まったくデリカシーってもんがないんだよ。あの○○っていうマッポはさぁ」

などと愚痴ってみたり、

友達と楽しく出かける様子とか、

趣味で撮ったいろんな景色を見せてくれる。

嫌なことはゆるく適当にかわしている話も面白い。

 

私がスカイロードさんを好きなのは、「楽しく生きている」から。

こちらも楽しい気分になるし、一緒に笑って、楽しい時間を過ごす。

また、話を聞きたい、もっといろいろ話してほしい。

そう思う人。

 

彼を見ていると、

「人は楽しく生きていることが、最大の目的」

だと思うようになった。

 

 

こう思うには前段階があって、それは自分の子どもの話。

中学、高校と学校に遅刻したり行かなかったり、

親の希望と真逆を突き進んできたやつだけど、

好きなことを次々見つけて、それはそれは楽しく生きている。

 

ママ友などに自慢できるどころか、

むしろ「うちはあれよりましだわ」などとさんざん思われてきたけれど、

親としては、

子どもが心から楽しく生きている姿を見ることが何よりの幸せだし、

一番の親孝行をしてもらっていると思うから。

 

だから、人間というものをこの世界に生まれさせたものがあるとしたら、

一番嬉しいのはきっと、

人間が笑顔で楽しく生きているのを見ることじゃないか、と思う。

 

そして私は、楽しく生きている人から楽しい気持ちを分けてもらっている。

楽しい気持ちを分けてくれる人が大好き。